探偵ができる調査とできない調査

探偵事務所・興信所比較ガイドトップ画像

探偵料金を安くする > 探偵ができる調査とできない調査

探偵ができる調査とできない調査

「探偵はどんな調査までしてくれるの?」
普段は探偵と接することがない、ほとんどの方にとって、探偵の調査範囲はわかりづらいものです。

しかしながら、2007年に施行された探偵業の業務の適正化に関する法律(略して探偵業法)によって、探偵の調査範囲が定められました。

そこで、探偵ができる調査、できない調査について、具体的に紹介していきます。

探偵業法を詳しく知りたい方はこちらです→探偵業法を分かりやすく解説しました


探偵ができる調査

探偵業法第二条では、「尾行、張り込み、聞き込みを行い、依頼人に報告してもよい」とされています。

そのため、「依頼者が調査結果を違法な行為に用いないこと」を前提にして、探偵は以下の調査を行えます。

また、盗聴器発見調査だけは、尾行、張り込み、聞き込みのいずれも行う必要がなく、探偵でなくても調査することが可能です。


探偵ができない調査

探偵業法第六条で、「違法行為や、人々の平穏な生活や権利を侵害するような行為をしてはならない」と定義されています。

そのため、以下のような調査は、たとえ探偵業の届け出を提出していたとしても、できません。

「探偵業法による規制を全部守っていたら調査ができないのではないか」
と思われるかもしれません。

しかしながら、腕のいい探偵事務所は、こうした規制をすべてクリアしたうえで、精度の高い調査を行っています。


依頼したい調査を、探偵ができるかわからない場合

ここまで、探偵ができる調査とできない調査を紹介してきましたが、

「自分のケースではどうなるの?」

と疑問に思われる場合は、信頼できる探偵事務所に問い合わせてみるのも1つの方法です。

大手の原一探偵事務所では、公序良俗に違反する調査は一切受け付けていませんので、あなたのケースは探偵が調査できる内容か、簡単にわかります。

また、専門の相談員がこれまで培ってきた経験から、どうすればあなたにベストかを一緒に考えてくれます。


原一探偵事務所

原一探偵事務所・成功報酬、報告書作成費用、その他経費が無料で分かりやすい料金体系
・無駄のない効率的な調査で費用を抑えてくれます
・離職率90%のハードな社内訓練で、調査のプロを育成
・解決実績は10万件超と実績は十分です
・状況によって、信頼できる弁護士を無料で紹介してくれます
・相談や見積もりは完全無料です



詳細は原一探偵事務所の公式サイトでチェックしてください。


関連記事





探偵料金が安くなる頼み方
低料金で依頼する簡単な方法↑

大手有名探偵事務所の比較


大手有名探偵事務所


探偵料金一括見積サイト


探偵に調査を依頼する前に


浮気調査料金を安くする


行方不明者の捜索


地域別探偵事務所


探偵事務所の評判・口コミ



Copy Right 探偵事務所・興信所の調査料金を安くする方法 運営者情報